のりの株式・先物トレード日記

マーケットは孤独なので、同じく頑張ってる人がいると励みになるのでブログやってます。またすぐ退場になるかもしれませんが、頑張ります。コメントあればお気軽に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

反省文

 雇用統計などが嫌気され、金曜のダメリカはかなりの下落となりましたね。シカゴ日経225先物(CME)も終値15,185円となり、週明けの日本市場はまずこれに合わせるように動くとして(7/7終値15,307円)、そうなると6/29から大きく開けた窓を埋めるべく15,137円を目指してしまうんでしょうか・・・。それから切り返すかどうかは、神のみぞ知るといったところでしょう。

 $$$ 初心者の株日記77日目 $$$
 勝ちは常に勝ちではないし、負けは常に負けではない。
 オリバー・ベレスとグレッグ・カプラは著書デイトレードでこう言っている。例え利益が出たとしても、本当にそれは勝利なのか?損失を被ったとしてもそれは敗北なのか?それを考えることは非常に意味があると思う。利益が出たから自分が正しかった、損失が出たから自分は間違っていた、としていては著しい成長は見込めない。そして彼らの著書の中の言葉でもう一つ、好きな言葉がある。
 ボンクラが利益を上げることも時にはある。
 これには2つの意味があると自分は思っている。一つは、他人の損益に惑わされずにしっかりと自分を見失わないことが大切であるということ。もう一つは、常に謙虚な気持ちで(自分をボンクラとして)利益に対して、なぜ利益が出たのか?自分の取引は正しかったのか?を問いただす姿勢が大切であるということ。だから、GU狙いの持ち越し、スイング、デイトレード、様々な方法で生まれた利益について色々なことを考えるようにしなければならない。

この利益は自分の読みの結果なのか?本当に狙い通りに上がったと言えるのか?結果、上がったから読みが正しかったと思っているだけじゃないのか?下がっているのを無視して再び上昇するのを待っていただけじゃないのか?上値に注文を出して放って置いたら勝手に約定しただけじゃないのか?ホールドし続けたら偶然マネーゲーム的な爆上げに遭遇しただけじゃないのか?よく見たらその後は下がっているんじゃないのか?GUといっても本当に自分の選択が正しかったのか?偶然アメリカの上昇に引っ張られて上げただけではないのか?しっかりとアメリカは読み通りに動いたのか?
 損失についても同様、
なぜ読みが外れたのか?そもそも読みは理に適っていたか?損切りポイントは守れたか?損切りポイントは適正だったか?いい加減な気持ちでナンピンしていないか?ここが買いだと思ってナンピンしたのか?状況は刻々と変わるのにいつまでも過去の自分の判断を信じていたのではないか?最新の現状を見ている自分にしっかり判断させていたか?銘柄というよりも相場の雰囲気に呑まれて下がってしまったのだろうか?相場の雰囲気を考慮しなかったのが問題ではないのか?明日をしっかり考えているか?今まさにその銘柄は上がると判断できるのか?上がって欲しいという希望にすがっていないか?
 色々考えることは尽きない。

 加えて、誰もがそうであると思うが、自分が勉強を始めてから強く意識していることは損切りの徹底。これは死活問題でもある。ある銘柄を買って、思いに反して下がって、売るに売れなくなったが(もしくは損を確定したくないので我慢して)、しばらく持ち続ける(1時間~1週間)と上昇してきて、買値よりも上がったところで利益確定することに成功した(図①)。これは勝利だろうか?たぶん、上手い人なら②のように早めにロスカットして上がり始めるところで買うはずだ。損益の差は一目瞭然。①はその大きな上昇分をスポイルしてしまう無駄な損失を被っているのに気がつかなければいけない。だけど損をしなかったという出来事に味を占めると次も繰り返してしまいがちになる。そして最も大事なのが、③が来たときに必ず死ぬということ。
 20060708173817.jpg
 なるべく損切りせずに②のように利益をたくさん得る為に、ナンピン買いという方法があるが、これは想像以上に難しいものだと思っている。損を減らしたいから、そろそろ上がるだろうから、平均買いコストを下げるため、といった本質とはかけ離れた理由で買ってしまいがちになるから。まさに今が買い時でこれから上昇するんだ、という判断で買うのでなければ、坂道を全力で転がっているのと同じものになってしまう。たぶん適切に損切り出来ない人には適切なナンピン買いは出来ないだろうし、適切にナンピンできるならばその前に適切に損切り出来ると思う。自分にはそんな技量はまだない。

③の恐ろしさ
 6/7に自分は日本駐車場開発の株を買い、損失を被った。今ならこんなところでは買わないし、上昇見込み無しと判断するポイント(損切り)も遅すぎると思うが、それは置いておく。
 20060708164440.jpg
 この日は▲6,000円の含み損を抱え、もちろん確定売りなどはしたくなかったのだが、これ以上は耐えられないと半ば勢いで、決めてあったポイントを切ったところを機械的に売り払った。20万ほどの資金しかない自分には▲6,000円は重くのしかかった。だが次の日のチャートを見て震え上がった。
 20060708164446.jpg
 持ち越していれば▲25,000円になっただろう。そして長い長い塩漬け旅行へ行くことになる。確かに自分の取引は間違っていたが、最悪にはならずに済んだ。ルールを守ったから。負けはしたが意味のある撤退だったと思うし、大事なことを学べたと思う。負けは常に負けではない、を少し体験した一部分だった。これを忘れずにこれからも精進する。

※5/22(取引復帰)より保存している自分の取引データの中から、その一部を例として出しました。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/09(日) 14:09:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<急に売りがきたので | ホーム | 太田総理(笑)>>

コメント

こんにちは

しっかり考察されていらっしゃいますね
こんなこと言える立場じゃないですけど、素晴らしいと思います
きちんと現状と、どうあるべきだったかを見つめ直し、常に自問自答して成長することが大切なんですよね
  1. 2006/07/09(日) 16:36:51 |
  2. URL |
  3. Jasminum #-
  4. [ 編集]

常に精進が大きな一歩に

自分自身のルールや現状の把握などよく考察されており、私自身も負けずに頑張りたいと思います。
常に状況を把握し、今日の負けは明日の勝利に繋がるよう精進して行きたいですね^^
  1. 2006/07/09(日) 18:11:00 |
  2. URL |
  3. クリスタニア #-
  4. [ 編集]

こんにちわ

オリバー・ベレス・・どこかで聞いた事ある名前だなぁと思って自宅の株本見たら、ありました♪『デイトレード』ですね^^
あの本はデイトレ人だけじゃなく、スイングなど手法問わず参考になる本ですよね
私は帯の『勝者は希望を売り、敗者は希望を買う』という言葉も印象に残ってます♪

お互い頑張りましょうe-420
  1. 2006/07/10(月) 17:21:47 |
  2. URL |
  3. レナ #-
  4. [ 編集]

>Jasminumさん
まだまだ慢心してはいけない段階ですからねぇ。
たとえ上手くなっても慢心はいけないですが・・・。

>クリスタニアさん
そうですね。損失を授業料と思えば、
何も学ばないなんて勿体無すぎてたまりませんね。

>レナさん
です、失敗した時は思わず、
希望を買っちまった(;´Д`)、と思うことがあります(笑)
頑張りましょう。
※顔文字の中のお目目がエラーになってしまったので書き換えさせていただきました。
  1. 2006/07/10(月) 17:26:17 |
  2. URL |
  3. のり #-
  4. [ 編集]

はじめまして。
興味深く読ませてもらいました。
しっかりと分析されてるし、たぶんのりさんは将来すごいトレーダーになりますねw
そんな気がする。
うちもまだ株暦7ヶ月程度の初心者です。お互いがんばりましょう^^
差し支えなかったら相互リンクお願いします。
  1. 2006/07/10(月) 17:58:49 |
  2. URL |
  3. ぽち #TTM2yvWU
  4. [ 編集]

>ぽちさん
はじめまして。
まだまだへっぽこの自己反省の毎日で、お恥ずかしい限りです。
リンク有難うございます。こちらも貼らせていただきます。
  1. 2006/07/10(月) 19:10:33 |
  2. URL |
  3. のり #-
  4. [ 編集]

お目目エラーですか(笑)

すみませんでした^^;
  1. 2006/07/10(月) 19:22:33 |
  2. URL |
  3. レナ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimocchi.blog64.fc2.com/tb.php/63-6d35787e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。